遠藤温泉。

別名:やっとの湯
泉質:燻銀泉
効能:疲労回復、美肌、癒し効果
『 コメントたくさん 』
えー、記事ありすぎです。たたみます。
試合前コメント
前線にくさびを入れるボランチ遠藤は「イランの選手は体が大きくて外国人特有の遅さがある。あの2人のスピードなら抜ける。常に2人の脇を見ながら狙いたい」と照準を定めている。
日本イランに雪辱、B組1位突破…W杯最終予選
中盤で遠藤や小笠原がボールを奪い、前線へ効果的なパスを送った。
「国内組」の遠藤・今野、攻めてアピール イラン戦
先発11人のうち、ボランチの遠藤に注目した。「国内組」で臨んだ東アジア選手権で一番割を食った男だ。アピールしようと思ったら、ジーコ監督が第2戦から先発を総入れ替えして控えに。今野、阿部らアテネ五輪世代の突き上げも急だ。


練習で心境を聞いたら「新しい選手が入るのは歓迎。チームが成長できるから」とかわされた。ポーカーフェースで感情を表に出さない。プレーも自己主張より、バランスを保つ協調性が魅力のボランチである。 それが、この日は攻めで目立った。得意のロングパスを連発。「狙い通り」と攻撃面でのアピールに満足げだった。
遠藤、存在感をアピール
MF遠藤が攻撃的な姿勢をアピールした。大黒と玉田へのスルーパスに加え、ミドルシュート2本も記録。後半39分の途中交代まで存在感をアピール。「福西さんと話して、僕が前に出ることにしていた。もっとパスやミドルシュートの精度を上げたい」。激戦区ボランチでのW杯を見据えレベルアップを誓っていた。
「みんなモチベーションが高かった」
「前半は前から積極的にプレスにいって、高い位置からボールが取れたのでいいリズムができた。勝てば1位通過ということで、みんなモチベーションが高かった、そのなかで結果が出たことはよかった。(これからの個人的な課題は)守備面とフィジカル面の強化。ミドルシュートも今日は何本か打ったけど、もっと強くて枠に行くボールを蹴れるようにしていきたい」
写真もいっぱいありました。
笑顔
加地くんと抱擁
ひっぱるなー
オグリよくやった!
頭わしづかみ
とびつき!
| 日本代表(W杯最終予選) | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://810.510100.com/trackback/257250
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
 


このページの先頭へ