遠藤温泉。

別名:やっとの湯
泉質:燻銀泉
効能:疲労回復、美肌、癒し効果
『 まずはダービーなのだけど 』
ヤット、チームに戻ったね。っても、2日間のOFF。まるまる2日間は休まなそうだけど、ここでひとまずダービーの方に気持ちを切り替えてくれればいいのだけど。またすぐイラン戦の招集が待っているけど、まずは目先のダービー。ナビスコカップはガンバにタイトルをもたらすかもしれないんだもんねー!ラブラブ


とは言いつつ、自分がまだ代表から気分を切り替えられていない。なんかモヤモヤモヤ…。新戦力として中国戦、韓国戦に出場したメンバーが、ほとんど合わせる時間もないまま、ぶっつけ本番のような形であそこまで戦い抜いたのは称えたいと思う。1人1人の気持ちは感じたし、時おりすごいプレーを見せてくれたなぁとも思うニコニコ


また長いのでたたみます…。
続きを読む >>
| 日本代表(東アジア選手権) | 03:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
『 終わり良ければ? 』
やっぱり最後はオガサから中沢くんでしたか!でも、ジーコの采配って面白いね。怪我で抜けた坪井くんの交代で入った中沢くんが決めるのだから。最終的に前回と同じ準優勝、最後にはなんとかつじつまが合ったね。終わり良ければ全て良し?


気持ちは出てたし、結果も出たし(っても中沢くんの点だけど)、2戦目までの後味の悪さから比べればスッキリできた試合だった。ただ、やっぱ物足りなかったなー。


イラン戦は、絶対ヤットスタメンで。その前にダービーだけどね!イヒヒ
| 日本代表(東アジア選手権) | 22:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
『 1本入ればポンポン入るもの 』
元川さんが、ジーコに聞きたいことを聞いてくれた。


長いんでたたみます。
続きを読む >>
| 日本代表(東アジア選手権) | 07:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
『 どんな思いなのか 』
そうなんだ…。韓国戦、ヤットスタメンじゃないんだ…。優勝の可能性がなくなったから…か。だからこないだ自分で言ったばかりじゃん。期待しちゃいけないって。何度言ったらわかるんだ、私のばか…プシュープシュープシュー


まぁもともとB代表案もあった東アジア選手権。今となってみると、結果論かもしれないけど、だったらナビスコ出てほしかった…。ガンバの今の満身創痍の状態を考えると、そんな風にまで考えちゃう…プシュー


オールスター第4回中間発表も順位変わらず。10月の欧州遠征もこのままだと出れないね…。17日のイラン戦はどうするんだろう?消化試合とは言え最終予選、海外の人達が来るかもしれないし。いや、それでも出れるようにならなくちゃいけないのだけども…。でも、もう韓国戦スタメンでないってことは、アピールするチャンスも厳しいってことかぁ…ポロリ


こうなってくると、9月のホンジュラス戦もどうなるか全く想像できないし、いつまた代表のヤットが見れるんだろう?なんか危機感というより、消沈たらーっ


ヤットは今、どんな思いなんだろう。


仕方ないんだよねぇ。監督が決めたことだし。初戦勝てなかったのが、ここまでこういうことになった要因でもあるし…。でもやっぱり総取っ替えは未だに疑問。北朝鮮戦、中国戦で良かったメンバーを全員の中から選んでほしかった。


だって、新戦力にもチャンスだけれど、ヤットにもチャンスなんだもの。今回の主力組の中では、ここのところの試合で一番出場機会なかったからね。スタメンとサブの境にいるヤット、逆にチャンスを逃してる気がしてならない…。最終予選の時はサブ組だから出られなくて、今回は主力組だから出られないなんて。


若手にチャンスを。これも一理あるけど、なんかしっくりこないのはなんでだろー。チャンスの与えられ方が行き当たりばったりだからなのかなぁ。だってもし初戦勝ってたら、2戦目も3戦目も主力組だけで、逆に若手が試されることなく招集されただけじゃん!みたいなことになってたかもしれないしねぇムニョムニョ


いずれにしてももう決まったことだし、途中交代を期待しつつ、日本が勝つよう応援しよう…。土肥さん、日本のゴールを頼みます。
| 日本代表(東アジア選手権) | 00:57 | - | - |
『 全員好き 』
会社でみんなに昨日の試合のことを言われ、どうなのよ?って聞かれた。そういう時、なんとか選手をフォローしようとする自分がいるんだよね。普段あまりサッカーを見ない人だと、昨日のメンバーもほとんど知らない。達也も、巻くんも誰?て感じで。そういえば、オグリが北朝鮮戦で得点した時もそんな感じだったっけプシュー


でも、私は達也、モニ、今野くんらアテネ組が、最終予選UAEの酷暑の中、体調不良でボロボロになりながらも戦った姿も見てきたし、ほんと最後は泣きながら応援してた。阿部っちや駒野くんも怪我から復帰して活躍したしね。


ナラサや坪井くんは怪我でスタメンを外れてからなかなか定位置に戻れず、悔しい思いをしてきてるのも知ってるし、茶野くんや本やんはいつも招集されるのになかなかスタメンには選ばれず、それでも腐らずチームのために頑張ってきたのも知ってる。


村井くんや巻くんだって、Jではものすごく活躍していて、自分の頭の中にはいつ選ばれてもおかしくない選手として入っていた。


だから、普通の人には誰これ?って感じだったかもしれないけど、自分の中では全員思い入れのある選手たち。だから、なんかつい、1人1人について教えてあげたくなるくらい、いろんな過程があって今なんだってことは言いたいノーノー


それを踏まえた上で、選手全員を知った上で、昨日の試合がどうだったかって話だったらいくらでもするし。選手1人1人にドラマがあって、それぞれみんなすごく頑張ってきて、今があるんだもの。もちろんそれはいつものスタメン組も同じで。


2戦とも結果は残念だし不満もあるけど、何も得ない試合はないしね。きっと何かしらは得ているはず。少なくとも初戦のスタメン組は、心に思う事もあるんじゃないかな。韓国戦、どうやらスタメンは初戦のメンバーに近い形になりそうだから、おそらくヤットは出るでしょう!ラッキー 新戦力組に良い刺激を受けてるようなので(特に阿部っちのFKとかね!)、楽しいサッカーをして、そして勝ってね!


関係ないけど、指をくわえるヤット。そして、何かくさそうなオガサ。
| 日本代表(東アジア選手権) | 00:52 | comments(4) | trackbacks(0) |
『 サブ組の話 』
選手入場の時、サブのメンバーが先に通ったのだけど、たぶんカメラの人はサブ組(いつものスタメン組)も映そうという意図でそこで撮ってたと思うのね。んで、みんな堂々とカメラの前を横切るのに、ヨシカツさんだけ腰をかがめて映らないように通っていて。入場シーンを映してるのだから、自分は映っちゃいけないって思ったんだろうなぁ。なんかいい人だ…。


それから、マコトさん。ビブスはきっちり下までさげましょうね。ビキニみたいよ(笑)。


そしてヤット。あなたって人は!


入場待ちの選手たちに声をかけ、握手したり肩を叩いたり、そんなあなたが好きよ。なんか、ガム噛みながら無表情でってとこもいいんだよな〜。あったかい。気持ちがあったかくなるよ。微妙に子供をけちらかしてるとこもいいし(苦笑)イヒヒ


それからアレ!そこでコケるなんて、狙ってもできない!ほんとムードメーカーだよねてれちゃう そういうとこはすごく好きなんだけどなー。本やんオオウケ。


ハーフの時、福ちゃんも出てきた選手達一人一人に声かけてたね。なんかああいうのいいね。たまたま映った人達以外の人もきっとやってるんだろうし、きっとそういう雰囲気が出来上がってるんだろうねニコニコ


ベンチの選手が立ち上がってコーチングしたりするシーンもあったり、今日はサブ組の強い気持ちを感じた。前半16分の阿部っちのFKの時、肩露出組の2人(ヤットと土肥さん)が絶妙のタイミングでジーコの後ろを通ったのがおかしかった(笑)。真剣に見に行ってるんだけど、2人とも中腰なんだもん。


韓国戦はどんなメンバーで臨むのかわからないけど、初戦の負けと今日の引き分けが何かしら良い教訓になって、次に生きてくるといいんだけどな。これだけみんな気持ちは一つなのだから。
| 日本代表(東アジア選手権) | 04:13 | comments(2) | trackbacks(0) |
『 パスの出し手のいないチーム 』
今回の試合、何か見つかったのか。


前半の最初はいいぞっと思ってみてたけど、この組んだばかりの経験のないチーム、どこかでボロが出始めるんじゃっていう心配もすごくあった。でも、ジーコもそれを承知で総入替えしてきたんだろうし、負けてもいいからもっと前にいってほしかった。


バックパス多すぎ。見ててイライラした。いくら達也や巻くんがいい動きをしていても、あれじゃ点は決まらない。2人は良かったと思う。特に達也は点につながったし。


モニも前に前にって気持ちは伝わった。得点もしたしね。ただ、モニが上がった穴は誰が埋めるのってとこはあったけど。やっぱりできたてのチーム、連携悪いとこもあったなー。1点目も阿部っちのさすがのFKからだし、2点目は達也の気持ちと個人技だし。


駒野くんは最初は良かったのに、だんだん姿が見えなくなって残念。村井くんも同じく。クロスの精度はさすがだなって思う時もあったけどね。阿部っちは最初とFKは良かった。今野くんは守備はさすがと思った。けど、2人ともパサーって感じではなく、持ち味のいいところも90分継続しなかった。ヤット&福ちゃんは安心して見てられるのに、と思ってしまった。


でもさー、玉ちゃんもオグリもいいパスの出し手がいて初めて生きると思うんだけど、あの中に2人入っても何も変わらなかった。もっとフシギなのはアレの交代。は?村井くん足の調子悪かったの?っていうくらい。オガサ入れるのかなって思ってた。


結局誰も何も打開しないまま終了。最後の辺はイライラしただけで終わっちゃった。本やんはアピールするには足りなかったよね。中心になってゲームメイクしてくれるかなって思ったんだけど。


ただ、点を取っただけ、初戦より良かったと言えば良かったのかなぁ。初戦の布陣にFWをタツマキコンビってのはどうでしょう?やっぱ中盤から後ろは今までのメンバーの方が絶対いいって。FWとサイドは変えてもいいと思うけど。


いくらテスト色が強いとは言え、1戦も勝てないってことにはならないように、韓国戦頑張ってほしい。もちろんヤットはスタメンでね。やっぱヤットのパス回しがないと落ち着かない。
| 日本代表(東アジア選手権) | 23:36 | comments(4) | trackbacks(0) |
『 落ち着け 』
なんかちょっといろいろあってヘコんでいた矢先、明日のスタメン発表を見てしまった。見てからまず深呼吸。落ち着け、落ち着け。冷静になって考えろ。これにはいろんな理由や考えがあってのことだ。待てよ、考えようによってはこーだしあーだし…。と、ブツブツ頭の中を整理していた。
続きを読む >>
| 日本代表(東アジア選手権) | 23:08 | comments(8) | trackbacks(0) |
『 あと2日で 』
痛恨の失点…悪夢招いた中沢のミスは一瞬の“スキ”から
「まずは失点しないことが、アジアのサッカーでは大事。雰囲気は完全にアウエーでしたね」
MF遠藤、アピールできず/東アジア
MF遠藤は5月22日ペルー戦以来の先発だったが、決定的なアピールはできずに後半32分に交代した。「先に失点したことが敗因。気持ちで負けたわけじゃない。自分たちのミスで負けているので」。ミドルシュート1本を打った以外は、速いパス回しや中盤からの飛び出しで引いた相手を崩せず、チームとしての課題を残した。
試合後のコメント
「相手のプレスが早く、なかなかリズムに乗れないまま、ミスから失点をしてしまった。ボールを蹴るときには蹴って、クリアはクリアしないと。アジアの国相手に先制点を取られたらどうなるかを改めて感じることになった。気持ちの油断はない。これはアピールの場でもあるから、選手はホッとしているなんてことはなかった。もっとコミュニケーションが必要なので、あと2日で切り替えて、残り2試合に勝てばいい」
アピールできてなかったかなぁ。確かにチームとして良くなかったから、ヤット自身も良くなかった部分はあったと思うけど、個人だけで考えれば悪くはなかったと思う。


目立ったプレーをすればアピールになるということではなくて(まぁそれも一つだけど)、いつも変わらない安定したパフォーマンスを出せる事や、かゆいとこまで手が届く視野の広さは、十分アピールだと思うけどねノーノー


“選手はホッとしているなんてことはなかった”っていうヤットの言葉は本音だと思う。“気持ちで負けたわけじゃない”。みんなの気持ちを代弁しているのだろうけど、ヤット自身強くそう思ってたんじゃないかなぁ。だって、ベンチにすらいない時もあったんだよ。そんな思い忘れるわけがないぶー


負けようが、私はヤットの心を信じる。そうよ、あと2試合勝てばいい。
| 日本代表(東アジア選手権) | 21:00 | comments(6) | trackbacks(0) |
『 ミドルをもっと 』
北朝鮮戦後のヤットのコメント。
試合後のコメント
「今日ミーティングがあったけど、特に相手に対しての特別な分析はなかった。監督も変わったし、メンバーも多少は変わっていた。前の試合のビデオも見たからイメージはだいたいできていた。だけど失点を先にしたのが敗因。最初からがんがんくると思ってたし、落ち着いて戦おうとしたら、先に失点してしまった。先に点を取られると必ずああいう展開になる。それでも何度かチャンスを作れたし、続けていくことが大事。自分もミドルシュートを1本しか打っていないんで、もっと打ちたい。しっかり反省して次に生かしたい」
ビデオは見ていてイメージはできていたんだね。うーん、やっぱヤットはミドルを1本しか打ってないことを気にしてるのかー。


試合前から狙っていても、なかなか絶好のチャンスってないものなんだろうね。でも、意識して狙っていればちゃんとチャンスは来て、いつか決まるはずだし、続けて頑張って!FKが蹴れないのなら、流れから取れるミドルシュートでの得点を決めてやれー!てれちゃう
| 日本代表(東アジア選手権) | 00:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
 


このページの先頭へ